医療保険の重視

医療保険は、怪我や病気で、入院や手術をしなければならない場合に、給付金という形で受け取れます。若い人が医療保険に加入をしておくと、いざという時にお金の助けになります。また、大きな手術や治療でなく、小さい怪我や通院でももらえるプランなどもあります。就職したての人が入る医療保険は終身型を選ぶのをおすすめします。

医療保険は、年齢があがるにつれて保険料が高くなっていくシステムになっています。働いている年数が高いほど、年収は高くなりますから、それに見合ったように、若いうちには安い掛け金で給付金をもらえるようになっています。保険会社やプランによっては、何千円という安い金額で医療保険に加入できるので、若い人にはお勧めです。

最初は安いものでも構いませんが、転職するごとや、年齢を重ねるごとに、プランやオプションを考えて保険見直しするといいでしょう。例えば、三大成人病やガンのものなど、手厚い保障があるものをしてしまうと、保険料が高くなります。どちらかの保障にするか、女性であれば女性特有のプランのお得なものもあります。また給付金や支払いに条件によって保険料も変わってきます。そういった自分に合ったものを選びましょう。