Latest Posts

生命保険に入るのなら

若い人は特に生命保険に特化する必要はありませんが、生命保険に入る事も検討している人も少なくありません。もし万が一何かがあった時に、自分のお葬式のお金はなんとかなるようにしておくという人もいます。そのための終身型の生命保険に入っておくといいです。この生命保険は、積立になっているので、いざという時に生命保険を担保に貸してもらえるようになるほか、解約して解約返戻金にすることもできます。

銀行に貯蓄していくのと同じ考えなので、貯金をしているのと同じ考え方プラス、万が一の時に起こった死亡の保険金にもなります。結婚している人であれば、自分が何かあった時に、家族に残してあげられるお金があった方がいいと、手厚い保障、保険金の高いものに加入しますが、結婚していないまだ若い人であれば、そこまで高くないもので十分です。

また今、CMでも話題になっている収入保障保険というのがあります。自分が怪我や病気で入院し、収入がなくなった時のためにかける保険です。そうなった時に毎月お給料と同じように保険金を受け取れるものです。生命保険の中でも高額な保険料になっていますが、若い人の中でもこの保険に注目度が高いです。独立している人や、生活が安定している人にはお勧めの保険になります。

医療保険の重視

医療保険は、怪我や病気で、入院や手術をしなければならない場合に、給付金という形で受け取れます。若い人が医療保険に加入をしておくと、いざという時にお金の助けになります。また、大きな手術や治療でなく、小さい怪我や通院でももらえるプランなどもあります。就職したての人が入る医療保険は終身型を選ぶのをおすすめします。

医療保険は、年齢があがるにつれて保険料が高くなっていくシステムになっています。働いている年数が高いほど、年収は高くなりますから、それに見合ったように、若いうちには安い掛け金で給付金をもらえるようになっています。保険会社やプランによっては、何千円という安い金額で医療保険に加入できるので、若い人にはお勧めです。

最初は安いものでも構いませんが、転職するごとや、年齢を重ねるごとに、プランやオプションを考えて保険見直しするといいでしょう。例えば、三大成人病やガンのものなど、手厚い保障があるものをしてしまうと、保険料が高くなります。どちらかの保障にするか、女性であれば女性特有のプランのお得なものもあります。また給付金や支払いに条件によって保険料も変わってきます。そういった自分に合ったものを選びましょう。

就職した時の保険見直し

人生のライフスタイルに合わせた保険見直しは大切な事です。例えば、就職、結婚、妊娠、転職など…。その節目に必要な保険金などは変わってきます。

就職したばかりの若い人は保険に入っている人が少ないです。25%ほどが保険に加入していますが、数字としては低いです。若いから自分は大丈夫!と保険に入っていない人もいるかもしれません。しかし、人生何が起こるかわかりません。保険に加入しておいた方がいいのです。事故や病気に絶対にならないとは言えません。何もなければそれで安心です。

また保険の加入をするにしても、どこをポイントにして加入するかで全然変わってきます。例えば若い人の場合、家庭の中で大黒柱という立場の人は少ないので、万が一の事があったとしても経済的に困る人が家族にいないので、生命保険は重視しなくて大丈夫です。

そうなると何を重視した方がいいのかというと、医療保険を充実させた方がいいのです。怪我や病気になった時に医療保険で医療費をカバーすることもできます。事故は自分で防ごうと思っても起こってしまう時は起こってしまいますし、ここ最近は男女問わず、若い人が病気になる事もあります。特に女性は女性特有の病気に若いうちからなる人も増えてきていて、そういった際の医療費も重要になってきます。

若い人向けのプランも作られている保険会社もありますので、医療保険の充実とその内容を自分に合ったものにして、加入するのが一番になります。